emiemi's DIARY

日々気づいたこと、書き留めておきたいことを徒然に。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  969

遡り日記:宇宙事業の女性エンジニアたち

日本女性技術者フォーラム(JWEF)のイベント、JWEF都河賞授賞式に参加した。
今回はJAXAで働く女性が受賞し、JAXA他の宇宙事業に携わる5人の女性技術者によるパネルディスカッションがあった。

JWEFは企業で働く女性技術者を応援する活動をしているのだそうだ。
こういったグループが世の中には存在するのだろうなと思ってはいたけれど存在は知らなくて、今回参加した切っ掛けは社内メールでイベントのお知らせが流れたことだった。
グループ長から課全員に転送された案内メールの発信元が同期女性だったので目に留まったこと、会場が近所だったことで参加を申し込んだ。

受賞者をはじめパネラー5名の業務の紹介がとても興味深かった。
仕事と家庭の両立というテーマでは、3名が子供を2人~4人も育てていて、24時間体制の仕事なので夫の理解や24時間体制の保育所などに支えられて続けているのだという。
そしてどこの職場でもそういうものだが男女格差があるなかで、それでも後輩女性たちのロールモデルになるよう仕事を続けているのだそうだ。
他国や別の業界のように女性の進出が実現するのはまだ10年は掛かるだろうという話題もあった。
それでキャリアを諦めてリタイアする女性も多くいるらしい。
と同時に、体力的に男性と同僚の業務を担当するのは辛い面もあると言っていた。
また、敢えて昇進を望まず、今の仕事と家庭のバランスを保ちたいという方も居た。

激しく共感。
私のいる電力業界もめちゃくちゃ男性社会だから10年どころか20年以上掛かりそうな気がするし、私の先輩も後輩も辞めて行ったし、自分自身特別に認められることも無くよく続いてるなって思うもんね。
それで居て、敢えてガラスの天井をぶち破って傷だらけになってまで頑張る根性があるかも自信が無い。

JWEFのような活動が実を結ぶのは、こんな活動が不要になるほど男女を意識しなくても良くなったとき、ということはもっとずっと先のことだろうから、今年入社した新人女性に教えたいと思った。
彼女からみたら先輩女性は20歳近く年上だから、どこを目指していいのか分からないだろうな、と思うので。

http://homepage3.nifty.com/jwef/index.html
スポンサーサイト

別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<遡り日記:先週のスカイツリー比較 | emiemi's DIARY | 遡り日記:休みの日が雨とは勿体無い・・・追記>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| emiemi's DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。