emiemi's DIARY

日々気づいたこと、書き留めておきたいことを徒然に。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  979

遡り日記:また入院

206CCクンはまた入院です。

ディーラーに行くまでに何度も現象発生しました。
止まって暫くするとガタンと何かが落ちたような振動。
発進するためブレーキを離しアクセルを踏み込むと一拍遅れてつながりガツンと前に出る現象。
とくに渋滞や、住宅地で見通しの悪い角を曲がるときのような、走ってないときに。

エラーログは残っていないのでセンサーは異常を感知していないそうです。

メカニックさんのお見立ては、
ATの油路に何か詰まってしまって力が伝わらずクラッチ板が押し付けられていない可能性がある、とのこと。
そういう現象は湯温が熱くなると出やすいらしく、走っていない=冷えない場合に多く発生するそうです。
油路をきれいに通るようにするためにフラッシングを何度もするか、油路自体を交換するか、AT全部を交換するアッセンブリ交換。。。高そう。
プジョー206のAT「AL4」はフィルタを交換できない構造になってるんだとか。
ダメじゃん。。メンテナンス性が悪いよ。

ということで、日帰りは期待してませんでしたが、ソレノイドバルブを交換してみても変らなかったらメカニックさんがキープしてる油路に交換して、それでもダメならAT交換・・・といってももう新品は無くてリビルド品しか手に入らないんだって(前もそういわれたから今は当然そうだろう)。

はやく良くなりますように。
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<遡り日記:日曜日に | emiemi's DIARY | 遡り日記:夏が終っても>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| emiemi's DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。